港区で探偵に夫婦の不倫の相談を行い調査を依頼して突き留めます

MENU

港区で探偵事務所が不倫相談で調査の始まる準備と要旨

不倫の調査を探偵事務所にフリー相談で申請し、調査内容から見積り金額を出して頂きます。

 

調べ方、査察内容見積り金額に同意できたら実際の合意を交わします。

 

実際に合意を結びましてリサーチが進めさせていただきます。

 

不倫調査は、2人組みで実行される場合がございます。

 

場合によっては、望みに応じまして人員の数を減らしたりさせるのができるのです。

 

我が探偵事務所での不倫の調査では、調査中に随時報告がございます。

 

それで不倫調査の状況を常に把握することができますので、依頼者様は安心することができます。

 

 

探偵事務所の調査でのご契約では日数は規定で決まってあるため、規定日数分での調査が完了しまして、全調査内容とすべての結果内容を合わせました調査結果報告書がもらえます。

 

報告書には、詳しいリサーチした内容についてリポートされており、現場で撮影された写真などが一緒に入っています。

 

不倫調査ではその後、ご自身で訴えを仕かけるような時には、ここの調査結果報告書の調査の内容や写真はとても重大な証拠となるでしょう。

 

このような調査を我が探偵事務所にご希望するのは、このとても大切な現場証拠をおさえることにあります。

 

もし、不倫調査結果報告書の内容へ満足できないときは、続けて調査し依頼することもやれます。

 

依頼された調査結果報告書に満足していただいて取引が完遂した時は、以上で今回依頼された不倫調査は終わりとなり、重要な調査に関わるデータは当探偵事務所で抹消します。

港区で不倫調査は探偵スタッフが逃げられない証拠を審理に提出可能です

不倫を調査するといえば、探偵事務所が思い浮かべますね。

 

「探偵」という仕事は、相談者様からの依頼を受けまして、周辺の聞き込みや、ターゲットの尾行や、張り込みなどの様々な方法によって、目標の居所や活動の確かな情報をピックアップすることを主な業務です。

 

わが探偵事務所の調査は沢山あり、特に多いのは不倫の調査であります。

 

不倫調査は特別に多いのでございます。

 

秘匿性が重要とされる探偵の仕事は不倫調査にはバッチリといえるでしょうね。

 

プロに不倫の調査依頼をしたら、その道のプロの経験や技術を用いて、依頼者様が必要とされるデータを収集して報告してもらえます。

 

 

不倫の調査等の調査の依頼は、以前は興信所に頼むのが当然でしたが、前と違って結婚相手の身辺調査や企業の雇用調査等が主であり、一般的な探偵のように隠れて調査等行動するのではなく、狙った人物に対して興信所より来た調査員という事を説明します。

 

さらに、興信所というところはそれほど丁寧に調べません。

 

知人へ情報を調べるだけということもしばしばあるようです。

 

ここ何年かの不倫調査では、ターゲットに気づかれないように、身辺調査をしてもらいたい依頼が大部分なので、興信所より探偵の方が向いてあります。

 

探偵会社にへ関する法律は以前は制定されていませんでしたが、不適切な営業活動が発生したことから8年程前に探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました。

 

ですので、所定の届出が出されていなければ探偵をすることができないのです。

 

そのために健全な探偵業の経営が営まれていますので、お客様には安心して調査をお願いすることができるのです。

 

不倫問題の可能性があった時は最初に我が探偵事務所にご相談してみることを推奨したいと思うんです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

港区で探偵スタッフに不倫を調べる申し出た時の経費はどの程度?

不倫調査においておすすめなのは探偵に対した依頼とは言っても手に入れるには証拠等を施術に不服だった場合に、優秀な分、値段が高くなる傾向があります。

 

むろん、依頼をお願いする探偵事務所によっては料金が変わりますので、たくさんの探偵の事務所があるならそのオフィスごとに値段は変わるでしょう。

 

不倫の調査の場合では、行動調査といって調査する人1人ずつ料金がかかるのですが、調査員の人数が増えれば増えるだけそのぶん料金がどんどん高くなります。

 

行動の調査には尾行のみと不倫しているかの結果のみの「簡易調査」のほかに、予備の調査と特別な機材、証拠になるVTR、報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動を調査する料金は、1hずつを一つの単位と決めています。

 

定められた時間を超過しても調査を続ける場合は、延長が別途必要になってきます。

 

 

探偵1名に分あたりおよそ1時間当たりの延長費用が必要なのです。

 

それと、移動に必要な車を使うときは車両を使用するための費用がかかってきます。

 

1台で1日あたりです。

 

車両のの台数によって必要な金額は変化いたします。

 

尚、交通費やガソリンや消耗品等調査にかかるもろもろの費用も別途、必要です。

 

さらに、その時の現場状況に合わせてですが、必要な機材などを使用することもあり、それにより費用がかかったりします。

 

特殊な機材には、暗視ゴーグルや偽装したカメラ、超小型カメラ、通信機器、カメラと連動したモニター様々な機材が使用できます。

 

探偵ではこれらの特殊機材を用いて非常に高いスキルで難しい問題も解決へと導くことが必ずできるのです。