渋谷区で探偵事務所へ夫婦の不倫の相談を行い実態調査を依頼して突き留めます

MENU

渋谷区で探偵事務所が不倫相談の調査で着手する環境と中身

不倫しているか、調査を探偵にタダで相談をお願いして、調査した趣旨を伝えてかかる費用を出してもらいます。

 

調査手順、査察内容見積り金額に納得できましたら、本契約を結びます。

 

実際に契約を結んだら本調査がスタートさせていただきます。

 

不倫調査する場合、ペアで行うことがあります。

 

ですが、依頼者様の要望をお応えして探偵の数を変動させていただくことは可能なのです。

 

当事務所の不倫に関する調査では、調査中に随時報告がまいります。

 

それで調査した進捗度合いを常時とらえることができるので、安堵することができます。

 

 

私どもの探偵事務所でのリサーチの約束は規定で日数が定めているので、日数分のリサーチが終えましたら、全調査内容と結果をまとめたリサーチ結果報告書が入手できます。

 

不倫調査報告書には、細かい調査した内容について報告されており、依頼調査中に撮影された写真なども入ってきます。

 

依頼を受けた調査の以降、訴えを申し立てるようなケースでは、今回の不倫調査結果報告書の内容、写真類はとても大事な証拠となるでしょう。

 

不倫の調査を我が事務所へご希望する狙いとしてはこのとても大切な不倫現場証拠を入手することにあります。

 

万が一、調査結果報告書で内容にご納得いただけない場合は、続けて調査を要求することも可能です。

 

依頼された調査の結果報告書に納得していただいて依頼契約が完遂した時は、これらで今回依頼された不倫調査は終了となり、とても大切な調査に関した記録も探偵の事務所が抹消します。

渋谷区で不倫調査は探偵が逃げられない証拠を審理に提出してくれます

不倫調査といったら、探偵オフィスが想像されますね。

 

「探偵」という仕事は、人からの不倫の調査依頼を受けて、周辺の聞き込みや、ターゲットの尾行や、見張りの様々な方法によって、特定人の居場所や行動パターンの情報をピックアップすることを仕事としています。

 

探偵事務所の依頼は多種多様でありますが、主な依頼は不倫の調査です。

 

不倫調査は特に多いものなのですね。

 

秘匿性が高いとされる探偵の仕事は、不倫調査にバッチリといえますでしょうね。

 

プロに不倫調査を依頼したら、その道のプロならではの経験、技術等を駆使して、ご依頼人様が必要とされる情報や証拠を寄せ集めて教えます。

 

 

不倫の調査等の調査業は、前まで興信所に申し出るのが当たり前だったが、昔と違って結婚相手の身元の確認や雇用調査が主であり、一般的な探偵業のような裏で行動するのではなく、目標の相手に対して興信所から派遣された調査員という事を申します。

 

さらに、興信所の調査員はそんなに詳しく調査をしません。

 

ごく親しい友人へ情報を調べるだけの場合もあります。

 

現在の不倫調査では、ターゲットに気づかれないように、身のまわりの調査をしてもらいたいことが大部分なので、探偵調査の方が利点は大きいです。

 

探偵社へ関する法は昔は特にありませんでしたが、もめ事が多くみられたことから8年前に探偵業を取り締まる法律が制定されました。

 

なので、所定の届出をしなければ探偵としての仕事ができません。

 

これにより良質な経営がすすめられていますので、安全に不倫の調査を任せることができるようになっています。

 

何かあった時ははじめは探偵事務所にご相談してみることをイチ押ししたいと考えます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

渋谷区で探偵スタッフに不倫を調べる依頼時の経費はどの程度?

不倫調査で必要なのは探偵に対した依頼することですが、入手するためには証拠等を脱毛の結果が気に入らなかった場合に、有効度で、代金が上昇する傾向のようです。

 

ただし、ご依頼する探偵事務所等によっては料金は異なってきますので、いくつかの探偵の事務所があった際にはその事務所ごとでの値段が違っているでしょう。

 

不倫の調査での場合は、行動調査という探偵する人1人ずつに調査料がかかります。調査員の人数が増えていくとそのぶん料金がそのぶん高くなっていきます。

 

目標の調査には、尾行だけと結果を調べるだけの簡単な調査と、事前の調査と探偵に必要な特別機材、証拠動画、調査報告書による「基本調査」があります。

 

相手の行動を調査するかかる代金は、60分ずつを単位と決めています。

 

契約した時間を超えても調査を続行する場合は、延長代金が別途必要になるでしょう。

 

 

調査する人1名にで1時間から費用が必要です。

 

さらに、バイクや車を運転する場合ですが車両料金が必要です。

 

必要な日数×必要な台数あたりの費用で設定しています。

 

必要な車の種類や数によって必要な料金は変化いたします。

 

それに、交通費や駐車料金等調査するのに必要な諸経費等も別途、かかります。

 

さらに、現場状況になってきますが特殊機材などを使うこともあり、そのための代金がかかることもあります。

 

特殊機材には、暗視ビデオカメラや隠し撮りするためのカメラ、超小型カメラ、通信機器、カメラと連動したモニター様々な機材が使用できます。

 

当方の探偵事務所ではこれらの特殊機材を用いた非常に高いスキルでどんな問題も解決へ導いていくことが可能です。